若々しさを保つには低分子コラーゲンが必要不可欠

女の人

直接的に不足分を補えます

女の人

即効性にも期待大

食事の中から摂取する一般的なコラーゲンは、アミノ酸やペプチドからなる高分子のたんぱく質に分類されます。分子量は三十万程度となっており、体内に入ってもそのままでは吸収されません。一度アミノ酸に分類された後コラーゲンの生成の原料となるので、時間がかかる上に直接的にコラーゲンを増やせるわけではないというのが難点でした。一方幾度も分解を繰り返すことにより分子を可能な限り細かくした低分子コラーゲンの分子量は一万以下となっており、体内での更なる分解を必要としないという特徴を持っています。そのままの形で吸収される低分子コラーゲンは、体内のコラーゲンの増加に直結するのが最大の利点です。更に分解という工程を省けるので、吸収までの時間が短く即効性も期待できます。両者の特徴を踏まえるとコラーゲン不足を補うには、低分子コラーゲンを摂取するのが効果的と言えます。ただし食材そのものに含まれるコラーゲンは高分子のままの状態にあります。摂取に当たってはサプリ等の健康食品を利用するようにしましょう。低分子コラーゲンはそのままでも吸収されやすい状態にありますが、更に効率的に摂取したいという場合にはビタミンCも一緒に取るのが良いとされています。タイミングも重要です。肌の再生に必要な成長ホルモンの生成が活発化するゴールデンタイムは、夜十時から深夜二時となっています。低分子コラーゲンを就寝前に摂取すれば、吸収率や肌の再生力を高めることが可能です。